給与計算.jpトップ > 専門家コラム > パートタイム労働法改正のポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

パートタイム労働法改正のポイント

2014-06-02 テーマ: 労働安全衛生

こんにちは!特定社会保険労務士の小高東です。

施行日は確定していませんが(H26.4.23から1年以内)

パートタイム労働法が改正されています。

以下、3つのポイントを挙げます。

1.無期雇用だけでなく有期労働契約のパートも職務内容等が同じであれば、

正社員との差別は禁止となりました。

2.パート雇い入れ時の雇用管理措置の説明が義務となりました。

3.相談窓口設置が義務となりました。

具体的な方法論まで示されていませんが、人事労務管理では、

言った言わない、聞いていないがトラブルの元となりますので、

規程の整備や書面交付は不可欠であると考えます。

 

 

東 社会保険労務士事務所 東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
企業の一番身近な相談相手
 一方的な法律用語のたれ流しではなく、生きた(使える)情報を顧客に提供。日本経済新聞、ビジネストピックス(みずほ総研)、労働・社会保険完全マニュアル(日本法令共著)、月刊ビジネスガイド、経理ウーマン、ビジネスアスキー他執筆・講演多数。  

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク