給与計算.jpトップ > 相談掲示板 > 給与計算ミスの補正期間間
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

給与計算ミスの補正期間間

投稿日:2021/01/13 06:16 ID:QA-0099774

相談中

弊社への出向者は出向元の処遇で業務につき就業時間は弊社に準じる事になっています。この時、組合員層の方は労働時間が長い時は時間差を給与で補正する事になっています。しかしながら、出向時から補正されず、現在に至り定年を迎えそのままま再雇用で出向継続になっています。何度か本人も出向元に申し出るが、何もされないまま現在に至るようです。このケースだと、知って何もしなかった事になり、時効は関係なく、確認できる全期間を精算する事が後の紛争回避になると思いますが、いかがでしょうか?

JMMさん  熊本県  建設・設備・プラント(51~100人)  回答数:2件 カテゴリ:報酬・賃金
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り当人が事情について出向元へ通告されている以上消滅時効は成立しません。

但し、処遇(賃金の支払)が出向元でなされているという事であればあくまで出向元と当人の間での問題ですので、御社としましても直接介入される事は出来ませんし、出向元に対応を図られるよう促される他ないものといえるでしょう。
投稿日:2021/01/13 11:35
出向元に連絡いたします。
投稿日:2021/01/13 15:18
A

出向元

増沢 隆太 /RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

ご提示のように本人の申請が成されているのであれば時効にもなりませんので、即時対応すべきと貴社からも出向元に連絡されてはいかがでしょうか。対応は一義的に出向元の責任となりますので、それ以上の介入は不要ではないでしょうか。
投稿日:2021/01/14 10:43
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク