このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

休職期間

投稿日:2020/02/18 11:06 ID:QA-0090602

相談中

24条 従業員が次のいずれかに該当する場合は休職とする。
     ①業務外の傷病により欠勤6ケ月以上にわたる場合。 25条 休職期間は次のとおりとする。
  ① 前条①の場合6ヶ月とする。
     と就業規則で定まっている場合は、
     休職期間は6+6=12ヶ月なのですか?
     それとも欠勤扱い6ヶ月+休職期間6ヶ月で
     傷病手当金は、休職期間のみ受け取れ
     欠勤扱いの6ヶ月は、既に有給休暇消化している場合
     の給与計算はどうなりますか?

*****さん  神奈川県  機械(11~30人)  回答数:2件 カテゴリ:労務・法務・安全衛生
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

この文面では、
6ヶ月以上私傷病欠勤した場合には、休職を6ヵ月命じるということです。
ですから、休職は6ヵ月です。

傷病手当金は、医師が労務不能と認め、欠勤し、賃金が支払われなければ、支給されます。
欠勤、休職とも対象であり、有休消化した日は支給されません。

給与計算では、有休使用日以外の欠勤日を欠勤控除してください。
投稿日:2020/02/18 11:34
A

休職期間と傷病手当金

川勝 民雄 /代表者

▼規則条文が、実質重複しており「休職期間6カ月」が正しいようです。
▼傷病手当金は、同一傷病に就き、支給を開始した日から最長1年6カ月間です。
▼但し、最初の3日間は不支給、傷病手当金の額より少ない給与が支給された場合は、差額のみ支払われます。
▼有休が消化済で残日数ゼロなら、最長1年6カ月間支給されます(前出)。
▼退職後は、任意継続保険や国民健康保険に加入しなければなりませんが、この傷病手当金に限っていえば、任意継続保険や国民健康保険に加入しなくても、支給し続けることができます。 
投稿日:2020/02/18 13:56
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク