給与計算.jpトップ > 相談掲示板 > 扶養控除申告書『甲欄』『乙欄』について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

扶養控除申告書『甲欄』『乙欄』について

投稿日:2019/12/27 19:52 ID:QA-0089412

相談中

弊社で勤務しているアルバイトから令和2年分扶養控除等申告書を回収しました。

昨年は扶養控除申告書(平成31年分)の提出があったので甲欄で給与計算をしましたが、
今回は提出がなかったため本人に確認したところ、
もうひとつのアルバイト先がメインになるため提出しませんでした、とのことでした。
令和元年は甲欄で年末調整を行いました。

給与計算する際は乙欄にしないといけないのですが、
甲欄から乙欄に変更するのは令和2年1月からでよろしかったでしょうか?
それとも令和2年12月の年末調整の際に乙欄にするのでしょうか?
よろしくお願いします。

cvbnmさん  東京都  販売・小売(101~300人)  回答数:2件 カテゴリ:報酬・賃金
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

年ごとですので、令和2年1月から乙欄となります。

また、年末調整は甲欄の方のみであり、乙欄の方は年末調整しません。
投稿日:2020/01/06 10:55
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、昨年の年末調整分は扶養控除申告書を提出されていますので甲欄の適用となります。それ故、乙欄での計算は本年度の令和2年1月からで差し支えございません。

尚、原則として従たる給与、すなわち乙欄で計算された給与については年末調整が出来ませんので、従業員本人が確定申告の手続きをされることになります。
投稿日:2020/01/06 20:17
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク