給与計算.jpトップ > 相談掲示板 > 退職者の給与計算について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

退職者の給与計算について

投稿日:2018/08/09 14:09 ID:QA-0078341

解決済

外国人実習生(月給)についてお伺いいたします。
給与の〆を待たず、1名離職いたします。
通常ですと、日割り計算にて賃金を清算いたしますが、今月は早出と残業、休日出勤があり
各々、きちんと清算したいです。
下記の計算で、問題はありませんでしょうか?
基本給÷所定労働日数に実働日数をかけて支給しておりましたが、
今回は
A)基本給÷所定労働時間×実働時間で基本給の今月分と
B)早出残業の時間給分、C)休日出勤の時間給
A+B+Cとしたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

雁部さん  北海道  農林・水産・鉱業(31~50人)  回答数:3件 カテゴリ:賃金
A

計算自体は問題ないが、就業規則の定めとの整合性は大丈夫?

川勝 民雄 /代表者

▼ 両案共、実働が所定労働時間キッチリで完了した場合は、同結果となりますが、(A)は従来方式の日数単位から時間単位に切り替わった点がポイントですね。
▼ B・Cの時間外労働と休日労働は、従来から、実働時間で処理されてきたものと思います.。
▼ 気になるのは、方式そのものも然ること乍ら、就業規則の定めとの整合性ですが、この点は大丈夫ですか?
投稿日:2018/08/09 17:23
ご回答ありがとうございます。
まさに時間給での計算にしたところが気になっています。
就業規則を読みましたが、締日前に離職する明確な項目が不足しているように思い、相談させていただきました。
今回を機に、見直ししたいと思います。

ありがとうございました。
投稿日:2018/08/10 11:37
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、日割り計算につきまして法令で直接の定めはございませんので、文面のような方法でも差し支えございません。

但し、御社就業規則上で別途計算方法が定められているとすれば、当然ながらそれに従う事が求められます、
投稿日:2018/08/09 17:58
ご回答ありがとうございます。
川勝様に書かせていただいたのですが、
就業規則を、見直さないといけないですね。
ありがとうございました。
投稿日:2018/08/10 11:42
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

問題ありません。
A)は基本給÷所定労働日数に実働日数と置き換えても結果は同じになります。
投稿日:2018/08/10 10:21
ご回答ありがとうございます。
結果が同じになるとのお答えで、安心いたしました。
ありがとうございました。
投稿日:2018/08/10 11:43
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク