給与計算.jpトップ > 相談掲示板 > 週の起算日の変更可否について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

週の起算日の変更可否について

投稿日:2019/02/27 13:26 ID:QA-0082699

解決済

当社では、就業規則に週の起算日を定めていないため、
日曜日(法定休日)を起算日として給与計算を行っています。

1.これを、例えば2019年4月1日から、土曜日起算に変更することは可能でしょうか。
2.可能な場合、就業規則に定めればよいでしょうか。
3.また、不利益変更にあたりますでしょうか。

背景としましては、土曜日に出勤が発生する部署があるのですが、
直前の木曜や金曜に決定することが多く、会社としては
同一週に振休を取得させたいのですがなかなか難しい状況です。

同一週に振休を取得しない場合(週の労働時間が40時間を超える場合)、
定められている通り、労務管理上、土曜出勤分は法定外労働時間として計上しています。

36協定で定めている法定外労働の上限時間との関係もあり、
土曜日起算にできないか?という声が挙がっているためご相談した次第です。

emさん  大阪府  情報処理・ソフトウェア(31~50人)  回答数:2件 カテゴリ:労務・法務・安全衛生
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

1.可能です。
2.日曜以外にするのであれば、規定する必要があります。
3.不利益変更にはあたらないと思われます。
投稿日:2019/02/27 17:22
簡潔にお答えいただきありがとうございます。
不利益変更には当たらないとのことですので対応を進めたいと思います。
投稿日:2019/02/28 14:19
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則の改正手続きを採られる事で変更は可能になります。

また単に起算日の変更であり、かつ移行期におきまして起算日の前倒し変更になることから、特に不利益や不合理が発生する変更にも該当しないと考えられますので、通常の規則改正によって変更内容は有効になるものといえます。
投稿日:2019/02/27 18:10
ご回答いただきありがとうございます。
不利益変更には当たらないとのこと、見解も書いていただき安心致しました。
投稿日:2019/02/28 14:20
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク