給与計算.jpトップ > 専門家コラム > 人事給与システムのクラウド利用について
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

人事給与システムのクラウド利用について

2013-02-08 テーマ: 人事給与システム

今はほとんどの企業で人事給与システムを導入していますが、最近(ここ数年)では、
システムを購入(所有)するのではなく、利用するという考えから、クラウドで導入する企業が増えてきています。

それでは、これまでのパッケージ購入とクラウドとでは、何が違うのでしょうか。

簡単に言うと、以下になります。


【 パッケージ型 】

・ 自社内にシステム構築するもの。

・ 企業がサーバ等の機器と人事給与システムパッケージ(ソフトウェア)を購入し、
構築後のサーバやソフトウェアの保守・運用は、各企業が行う。


【 クラウド型 】

・ クラウド業者が用意している人事給与システムに、インターネットで接続し利用するもの。

・ 構築後のサーバやソフトウェアの保守・運用は、クラウド業者が行う。



次に、クラウドでシステムを導入するメリットは、何があるのでしょうか。

まず、初期導入の部分では、「サーバ等の機器やパッケージを購入しなくてよい。」ということがあります。

運用の部分では、「毎日のデータバックアップ等の作業や、セキュリティソフトの管理といった
保守・運用の作業が不要」となります。

その為、人事給与システムの保守・運用を行う要員の、確保や育成といったことが不要となります。


また、震災等が発生した場合、人事給与システムの機器・ソフトウェア・データはクラウド業者にあり、
災害対策も行われている為、BCP(事業継続計画)対応にもなるというメリットもあります。 

まずはさわりとして、クラウドでのシステム利用を簡単にお話しさせていただきました。

さくら情報システム株式会社 サービス事業本部 主任コンサルタント
人事部経験者の立場から、お客様のお悩みの解決に向けて、お役に立てればと思います。
人事部在籍時には、採用、制度変更、分社化、評価システム構築、新人事システムの選定から導入運用までを経験

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
「給与計算.jp」内の専門サイト
プライバシーマーク